キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

シリーズ勘違い

f:id:kate-yaminabe:20170816104228j:plain

連休中に出掛けたのは1日のみ。キャサリンです。

そんでもって何してたか記憶なーい。それでもちゃっかり通販している不思議。こわーい。

本日はわが身に降りかかった勘違いについて語ります。

目次

低体温

これはよもぎ辺りで言及したと思うのですが、けっこう低体温なんです。

運動しても改善しないし…。

kate-yaminabe.hatenablog.jp

体温計は買い替えた方がよい

と、思っていましたが実は我が家の体温計×2本が古すぎてダメになっていたようです。

先日、家人が病院で予防注射を受けた際の検温結果がいつもより高く、疑惑が浮上した次第です。

新しいの買って試したら、36.5度くらいあったわー!

この数年、具合が悪くなるたび低体温と気圧とストレスのせいにしてきましたが、どうやら気圧とストレスだった模様。

とはいえ、体温が高いとも言えないので今後も冷えには気を付けたい。

低体温がなかなか改善しないという人は一度、他の体温計も試してみてはいかがでしょうか?

蕁麻疹

湿しんは突然に…

ずーっとちまちま書いている口唇ヘルペス様の症状。

最近は水泡ではなく皮膚が面で凸になるのと、乾燥&かゆみ&全てのものが沁みるのが悩みでした。

脚とかにも湿しんが出るし睡眠とっても保湿しても良くならないし、もしかしてアトピーになりかけているのかもしれぬ…とも思っていました。

ひらめきは突然に…

ところがある日、気付きました。数週間頑張っても改善が見られず、絶望的な気分になった頃にいつも症状が軽くなることに…。

それは女性的サイクル!そうですね、いわゆるPMSってやつです。

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)は、数か月にわたって月経の周期に伴って、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。 月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とも。

月経前症候群 - Wikipedia

from wikiっぺ

Katy Perryも「Hot N Cold」の中で歌っている憎いアンチクショウ。

おケイ可愛い。

という訳で時期がくれば症状が治まることは分かっているのですが、大体治った頃にまた次の症状が出始めるイタチゴッコ感。

まさにインファナル・アフェア。地味に精神力が毟られます。

eiga.com

映画の内容はほとんど忘れました。すんません。

アナフィラクトイド紫斑

大学病院に送られるの巻

去年カビが生えた!とか騒いでいたと思うのですが、飲み薬で一度回復したかに見えました。

kate-yaminabe.hatenablog.jp

が、一週間後に劇的悪化。発疹とかゆみでキーキーイライラの日々。おかげでストッキングも履けないし。

今思うと前述のPMSなんですけど。

当時はそんなことも露知らず皮膚科で再診し「飲み薬をこれ以上続けるのは難しいから塗り薬で」てな話になりました。

診察が終わりかけた時に、すこし前から脚に出ていた大量の細かい内出血も見てもらいました。

すると先生が「これはアナフィラクトイド紫斑かもしれないから今すぐ大きい病院に行ってください!」と言いだし、大学病院送りに。

アナフィラクトイド紫斑とは

先生の説明によると、

  • 子供が風邪をひいた後になりやすい

  • はっきりしないが溶連菌が原因とか何とか

  • 大人でも風邪をひいたりするとなる

  • 症状が進むとヤバい。せいめいのきき!

という感じでした。

結局違った

大学病院に行く道すがら自分でも調べたのですが、私の紫斑の大きさは明らかに症例写真より小さいです。

紫斑て言うか赤いポチポチ?

多分違うだろうな…という気はしていましたが、血液検査を受けた結果、やはりアナフィラクトイド紫斑ではありませんでした。

じゃあ何なのよ!?

じゃあ、あんたのその症状は何なんだ?って所ですが、大学病院の先生によると、

血管が生まれつき弱い+疲労のせいで、血管がもろくなり通勤のあいだに切れてしまうのでは?とのことでした。

たしかに子供の頃から重いバッグを肩にかけると二の腕まで内出血が出ていました。

先生からは「高齢の方がトイレなどでいきんだ時の内出血に似ています!」とのコメントも頂きました。

みそじなのに…みそじなのに…。いやみそじだからなのか?

大学病院ではビタミン剤とかの錠剤をもらいました。一応症状は今のところ治まっています。

その少し前に記事にしたエアリアルティシューも、布で脚が締め付けられるので、内出血の原因になりそうなので結局やってません。てへ。

kate-yaminabe.hatenablog.jp

そうでなくても良性発作性頭位めまい症なども出てきていたので、どだい最初から無理な話だったのかなとも思いますが。

湿しんもステロイド剤で短期決戦したら治りました。

もうカビとかそういうことではなかったらしい。

あぁ勘違い

そんなこんなで去年から今年まで勘違いの嵐です。そして勘違いと分かった所で時に身をまかせるしかないっていう。

どんどん体弱いキャラになっている今日この頃。

風邪引かない虚弱って意味不明。

キャサリン