キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

キャサリン・オブ・TOKYO SABAKU(198X-2XXX)は自身がTOKYO SABAKUの片隅に生息するみそじであることからTOKYO SABAKU女伯を僭称した21世紀の人物。

当時は海外ドラマ「Vikings」とETVOSにはまっていたと言われている。

残された文献などから、さまざまな尻切れトンボの感想文を書くことで知られている。とかなんとか。