キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

妄想劇場・有資格者が検査したら異音がするようになった車

f:id:kate-yaminabe:20180512171928j:plain

私のじゃなくて、親の話なんですけどね。

キャサリンです。

だから、「らしい」とか「そう」とか多いです。

これがうわさのそうそう日記!

肝心の本題

昨年末にニュースになった、検査する資格を持っていない人が検査してたってやつです。

親の車が該当してたそう。

最初に販売店に問い合わせた時は、「該当していませんので、ご安心ください!」てな回答だったそう。

ですが日○さんからお手紙きちゃったそう。

なのでもう一回検査に出したそう。

そしたら、エンジンをかける時に「ピヨピヨ」と小鳥の鳴き声のような異音がするようになったそうな。

わざわざその音を録音して聞かせてくれた、我が老親。

確かに「ピーピー」というか「キィキィ」という高音がするね、するね!

本日の妄想劇場

ここから妄想↓

私の推測では、今まで検査していた人はこの道50年の大ベテラン。

バンパーの端を木の棒でコンコンと叩いた音を聞いただけで、わずかな異常も発見できるのだ!

しかしこのベテランは資格を持っていなかったために、検査を続けることができなくなってしまった…。

代わりに検査をすることになったのは、今回を機に資格を取得した超ピヨピヨな新人。

新人は念のために我が親の車を分解して丁寧に検査した。

丁寧な仕事。

だが組み立てるのが下手くそだった。

しぬほど下手くそだった。

そのため、戻って来た車は小鳥のようにさえずりだしたのだった。ピヨピヨ。

妄想ここまで↑

ご連絡ください!ASAP !

そんなこんなで販売店の担当営業に直して!と連絡した我が親。

音を聞いてみないと何とも言えないし、またご連絡します!との回答だったらしいが、GWを過ぎても一向にご連絡はない。

○産販売店は一刻も早くご連絡ください。ピヨピヨ。

キャサリン