キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

Jørgen Valentin Sonne の絵が気になる木

f:id:kate-yaminabe:20180212221141j:plain

気になることがあると調べずにはいられない病。キャサリンです。

ソースは主にインターネッツ。怒らないでね☆

そんな私ですが、昨年の旅行でみたJørgen Valentin Sonneの「Midsummer’s Eve. Sick People Asleep upon the Grave of St Helena at Tisvilde」が気になって仕方のない日々を過ごしておりました。

当該の記事はコチラ↓

kate-yaminabe.hatenablog.jp

コペンハーゲン国立美術館」の項をご覧あれ。

補足するとJørgen Valentin Sonneデンマークの画家なんですな。

Jørgen Sonne (painter) - Wikipedia

本題に戻りまして。

旅行以来もう一度モニタで良いからこの絵を見たいと願い、画像を探し続ける日々。

ほとんど画像が出てこず、見つかっても解像度も色も低くてガッカリの日々。

そんな中、とうとうこのページを見つけました。

www.smk.dk

まさかの「コペンハーゲン国立美術館」の公式ページ。

絵の解説も付いています。

それによるとタイトルにあるように、夏至の夜にTisvildeの聖人・Saint Helenaの墓石の上で休む、病気の巡礼者たちを描いた絵だそうです。

聖人の力によって病が癒されることを願いながら巡礼をする人々。

実際は弱っているだろうに、絵の中で彼らは理想化され高貴な尊厳を伴って描かれているそう(超意訳)。

絵から受けた印象はまさにこの理想。天国。

夏のいつまでも暮れない仄明るい夜に、ごく僅かに湿り気を帯びた空気が頬を撫でて行く。

ランタンの光に照らされ、浮かび上がる人々の穏やかな顔。

最初「夏至の夜にお祭りで疲れた人々が休憩している絵」だと思った程、やわらかな静けさに満ちて、自分自身が絵の中に入ってしまったように感じる絵でした。

こういう風に惹き込まれるのは、今まで絵画ではなかったので驚き。

リンク先のページの画像が一番、実物に近いのですがまだまだです。

実際はもっともっと美しいです。遠くの空とか。

そのうち日本で展示やってくれないかなぁ。もう一回みたいの。

キャサリン