読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

ホビット-思いがけない発見-

本とか映画とか

年末年始は引きこもりしてたキャサリンです。

よく考えたら毎週末引きこもってたわ。

先日ホビット3部作(ロードオブザリングではない)をプライムで見まして、その感想&ネタバレ?です。

     

イノセントおっさんホビット

1番の見所はビルボだね!

っていうか、マーティン・フリーマンの可愛さです。

マーティン・フリーマン - Wikipedia

最初は「このホビット、意外とおっさんだな」と思っていましたが、だんだん可愛く見えてきました。

何このイノセント感!オッさんなのに反則だよ!!

全然気づかなかったけど、フリーマン氏はBBCのシャーロックのワトソン君なんですね。

腐ってる友達がこのドラマで萌えていた訳がわかった気がしました。

ホビット顔というのがある

それからイライジャ・ウッドもそうですけど、ホビット顔っていうのがあるんだと思います。

ベビーフェイスのおっさん(?)みたいな。

この理論で行くと、サウロン役のカンバッチさんはナシですが、エルロンド役のエージェント・スミスはありです。(サンタの小人の衣装とか似合いそうじゃない?)

でも実はよく見るとマーティン・フリーマンは暴言&兄弟喧嘩でおなじみ、OASISノエル・ギャラガー兄貴に似ています。

ノエル・ギャラガー - Wikipedia

それなのに、このイノセント感(2回目)!!

脚本のおかげもあると思うんですけど、もはや天賦の才です。

とにかく今は、ホビットの格好をしたノエル兄貴を思い浮かべといて下さい。

↓キャサリンの好きなOASISの曲

Don’t Look Back In Anger

Don’t Look Back In Anger

The Masterplan

The Masterplan

Lylaも好きです。

肝心の感想

マーティン・フリーマンに夢中になり過ぎて、忘れていましたが本編の感想です。

面白ーい!

でも昔の魔術のルールとかが分からない人は、途中で疲れてしまうかもしれません。

ロードオブザリングの時は私もそうでした。

ビルボがドワーフたちの信用を得ていく過程も丁寧に描かれて満足!(3部作だから尺はいっぱいあるしね)。

個人的にはキーリとタウリエルがよかった。これがないと単に男臭い物語になっちゃうし。

ラブは必要です。LOVE。

この他に、巨大な力を手に入れても欲をかかない精神的な強さとか、やっぱキリスト教的な教訓が描かれているのも印象的でした。

ちなみに裂け谷のエルフ達が話しているのはクウェンヤ(Quenya)。

原作者のJ・R・R・トールキンが作った言語で、長文が書ける(文例が多いって事でしょうか?)数少ない人工語だそうです。

ネットで検索すると結構いろんなガイドがあって面白いよ~。

奥さまはエルフ

指輪物語関連で、私の好きなキャラクターはこの方!

ロスローリエンの森の奥方ことガラドリエルです。

台詞にいちいちエコーがかかっているのもツボ。

バービー ロード・オブ・ザ・リング(ガラドリエル)

バービー ロード・オブ・ザ・リング(ガラドリエル)

ガラドリエルっていうか、ケイト・ブランシェットが好きなのかも。

ケイト・ブランシェット - Wikipedia

アルカイックスマイルがステキだよね~。

エリザベスの時の貫録もすごかった。

ちなみにガラドリエルが着けているジュエリーは、ニュージーランドのジュエリーデザイナー、Jasmine Watsonのデザイン。

公式ウェブ探したけど見つからなかった~。

LOTRの公開当時は綺麗なウェブサイトがあったと記憶してるのですが…。

とにかく言いたいことは…

マーティン・フリーマンはカワイイって事です。

キャサリン