キャサリンのブログ・やみなべ

TOKYOSABAKUの片隅に生息するみそじのアレコレ

北欧旅行記:デンマーク編2

f:id:kate-yaminabe:20171125151752j:plain
ヴァイキング毛皮着てない…

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の、ピエロ役の俳優がイケメンていう記事を見ました。キャサリンです。

youpouch.com

結果、フロキの実の弟でした。

ピエロの時何となく似てるよね~。髪、重要。

今回はデンマークロスキレ(Roskilde)編です。

今までの旅行記はこちら↓

kate-yaminabe.hatenablog.jp

kate-yaminabe.hatenablog.jp

目次

ロスキレって?

そう思う人もいるよね!そう思ったので、ちゃんとウィキペディアを貼っておきましたよ!

これがユーザビリティ(真顔)。

ロスキレ - Wikipedia

ロスキレ(Roskilde ([ˈʁʌskilə]))は、デンマークのシェラン地域にある都市。世界遺産に登録されたロスキレ大聖堂がある。人口は約5万4千人(2005年)。シェラン島の北部にあり、ロスキレ・フィヨルドの最奥に位置している。2006年まではロスキレ県の行政府所在地でもあった。

コペンハーゲンからちょっと離れた街なのです。

デンマーク最古の街の一つである。街のヴァイキング船博物館(Vikingskibsmuseum)で、かつてヴァイキング船がロスキレ湾底から5隻発掘され展示されている。11世紀よりデンマーク国王の宮殿がおかれ、1170年、ロスキレ大聖堂が建てられた。世界遺産にも登録されているゴシック様式のこの大聖堂にデンマーク歴代国王の棺が安置されている。その後も15世紀半ばまでデンマーク王国の都であった。

…ハイ!という事なんです!

私はヴァイキング船博物館ロスキレ大聖堂にいってきました。

個人的な意見では、観光地の割に人も少ないしのんびりして良い所。心なしかお年寄りが多かった気がする。

目次にもどる

ノアポートで迷子

ロスキレコペンハーゲンから国鉄で約20~50分くらいかかる所にあります。振り幅が大きい。

そしてコペンハーゲンカードを使用して電車で行けるゾーンにあります。いいね!いいね!

さてウィークエンドをむかえ、嘔吐物によって悪夢度が格段にアップしたNorreport(ノアポート)駅から電車に乗ります。

Regional train(Regional tog)という、路線図でいうところの灰色の線の電車です。

文章で書くと至極カンタンですが、私…

迷子になっちゃった

でへ

Norreport(ノアポート)自体はさほど巨大駅ではありません。

普通電車のS-togエストー、さっきまでエストグだと思ってた)と国鉄(DSB)のホームが4番線くらいまで、そしてその下層に地下鉄(メトロ)のホームが2つくらい。

で、Regional trainがどこのホームから出てるか分かんないの。必死で案内板とか探してもないの。路線図にもロスキレ行きの線がないの。

もはや世にも奇○な物語レベル。

途中、2番線がナンバー1やらタバコやらマリワナやらのニオイですごくて、ちびりそうになりました。

そんなこんなで結構さまよって途方にくれる私。こういう時は最初の現場に戻るのが一番なのでメトロのホームに行ってみました。

すると!なんと!モニターに「Roskilde」の文字が!!

その横に「Re」ではなく「S」の文字があるのが謎でしたが、もうロスキレに辿りつくならなんでもいい…

今思うと「Re」が20分くらい、「S」はエストーなので50分くらいで着く電車だったぽいです。

目次にもどる

ロスキレ大聖堂(Roskilde Cathedral)

www.tripadvisor.jp

電車に乗ること約50分、ロスキレに着きました。

f:id:kate-yaminabe:20171125152027j:plain
駅前も何となくのんびり

駅前に周辺地図がなかったので、観光客っぽい人たちに付いていくと目抜き通りに出ました。

数分もしないうちに大聖堂が見えてきます。手前の広場ではマーケットが開かれてました。

f:id:kate-yaminabe:20171125152144j:plain
右奥が大聖堂。左の建物は市庁舎だって

観光客もさほどいないし、天気もいいし、のんきでいい感じ~。

広場から見えるのは大聖堂の背中側です。そして入口は正面扉ではなく、向かって右側にあるフツーサイズの扉です。

f:id:kate-yaminabe:20171125152250j:plain
コレが正面!

この世界遺産コペンハーゲンカードで入れます。ありがたいね!

受付の人に、これから結婚式があるので20分後に、閉館すると言われました(でも40分後にまた開く)。世界遺産で結婚式なんて気前いいなぁ。

今回はどっちかと言うと、大聖堂はオマケなので20分でちゃちゃっと見る事にしました。

ヒト様の墓所を見学ス

このロスキレ大聖堂デンマークの歴代君主と配偶者が葬られている聖堂です。

f:id:kate-yaminabe:20171125152500j:plain
身廊から見た祭壇

f:id:kate-yaminabe:20171125153013j:plain
黄金の廟。すごく大きい

したがってどこもかしこも、棺!棺!棺!

f:id:kate-yaminabe:20171125160733j:plain
誰かの奥さんの棺

f:id:kate-yaminabe:20171125160818j:plain
お墓の域を超えたお墓の数々

↑このチャペルの柱には、大聖堂を訪れた世界の王族の身長をはかった跡があります。

クリスチャン1世の219.5cmてホントかしら?

f:id:kate-yaminabe:20171125160720j:plain
クリスチャン4世のチャペル

最初は豪華な装飾に感心しきりでしたが、黒い棺を見たあたりからだんだん怖くなってきた…。

f:id:kate-yaminabe:20171125163525j:plain
フレゼリク5世のチャペル。女性の像はデンマークノルウェーを表してるそうな

f:id:kate-yaminabe:20171125163535j:plain
クリスチャン7世の棺。黒い…

歴代司教の肖像画コーナー。

f:id:kate-yaminabe:20171125164241j:plain

f:id:kate-yaminabe:20171125164256j:plain
最近の司教は写真です。時代を感じます。

とにかく王様の権力はすごい。作った人達もすごい。

目次にもどる

ヴァイキング船博物館(Viking Ship Museum)

次はメインのヴァイキング船博物館に行きます。

www.tripadvisor.jp

大聖堂の前を通り過ぎて10分ほど歩きます。

f:id:kate-yaminabe:20171125170338j:plain
普通の住宅の横にある遊歩道。合っているのだろうか…

f:id:kate-yaminabe:20171125170400j:plain
その内、大きい公園にでた!

f:id:kate-yaminabe:20171125170420j:plain
さらに道なりに行くと…

f:id:kate-yaminabe:20171125170440j:plain
海が登場

めでたく到着です。

チケット売り場は入口にある小屋です。

最初コーヒースタンドかと思って、通り過ぎて呼び止められちゃったよね。えへ。

ちなみに残念ながら、ここはコペンハーゲンカードの対象になっていません。

ヴァイキング船を見る

ここにはロスキレフィヨルドに沈んでいた5隻のヴァイキング船が展示されています。

f:id:kate-yaminabe:20171125170948j:plain
こんな風に。

敷地内には船を展示している建物の他に、ワークショップコーナーや船造り再現コーナー、カフェなんかがあります。

f:id:kate-yaminabe:20171125171134j:plain
船作り小屋

f:id:kate-yaminabe:20171125171223j:plain
アックス!アックス!

f:id:kate-yaminabe:20171125171158j:plain
再現したヴァイキング船でのクルーズなんかもやっているようです。

日本みたいに同じ建物に全部入っているのではなくて、それぞれのコーナーが敷地内に集まって博物館を構成しています。面白いよね。

船が展示されているのは、大きい白い建物です。

展示室に行くまでに、どうやってサルベージしたとか、造船技術の解明方法などが紹介されてました。どちらかというとヴァイキング船の研究の歴史って感じ?

ちなみに私の悲しい語学力による調査なので、真偽のほどは確かではないことを先にお伝えします。

f:id:kate-yaminabe:20171125171426j:plain
海戦の方法とか。

f:id:kate-yaminabe:20171125172410j:plain
船の構造とか?

展示されているのは、引き上げた船にちょっと補正?補強を加えたものです。

f:id:kate-yaminabe:20171125171526j:plain
船の展示室

ロングシップ。大人数用のバトルシップです。

f:id:kate-yaminabe:20171125171931j:plain
右奥に見えるのは漁船なり

f:id:kate-yaminabe:20171125172118j:plain
スモールシップ(多分)

f:id:kate-yaminabe:20171125172029j:plain
スピードが出るように断面の形が鋭角。

そして思ったよりデカ!25~30mとか。

Vikingsシーズン1を観て、この大人数が船の中で寝起きとか無理でしょ…と思っていたのですが、これなら大丈夫そう!

私だったら40人くらいは横になれそうです。略奪!略奪!

商船は安定性が大事らしく、断面が広角でゆったりめ。

f:id:kate-yaminabe:20171125172226j:plain
いっぱいモノが積めそう。

材質はオークがメイン。他は松とか樺とか。

この船に実際にヴァイキングが乗っていたんだと思うと不思議!博物館とか美術館行くといつも思う。

そしてロスキレは良いとこでした。また行きたい。

目次にもどる

次はアイスランド

翌早朝の飛行機でアイスランドに移動なので、コペンハーゲンに戻ります。

f:id:kate-yaminabe:20171125164716j:plain
ロスキレ駅のホームに漂う田舎感

帰りの電車にロジャー・ラビットの奥さんにそっくりな女の子と、前歯がない太ったおっさんという、映画に出てきそうなカップルがいたのも良い思ひ出。

帰りに大聖堂の前を通ったら結婚式やっていました~。

f:id:kate-yaminabe:20171125164636j:plain

映画みたい!

そしてアイスランドで今までを凌ぐ、数々の災難が降りかかるのであった…。

災難に好かれてるんだ、私は。

キャサリン